青学・原監督が子どもなしの理由は?奥さんの年齢や馴れ初めを調査!

人物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

箱根駅伝で青山学院を7回も優勝に導いた
原晋(はら すすむ)監督

全国各所で講演会を行い、
現在『著名人講演人気ランキング』では
堂々の1位を獲得したそう。

原監督の言葉にはパワーがあって
聞いているこちらも元気が出ますよね♪

指導者として多方面から注目を浴びる
原監督のプライベートも気になりませんか?

以前、原監督は結婚しているという話も
聞いたことがあります。

結婚した奥さんはどんな人なのか、
子どもはいるのか、、など色々気になります!

というわけで今回は青学・原監督の家族について調べてみました♪

  • 原晋監督に子供はいる?
  • 奥さんはどんな人?

気になった方はぜひ最後までご覧ください♪

スポンサーリンク

青学・原晋監督に子供はいる?

原監督に子供はいない

結論からお伝えすると、
原晋監督には子供はいないようです。

原監督と妻の美穂さんは結婚して
今年で29年目ですが、
現在お二人の間に子供はいません。

原監督にはたびたび
「息子がいる」という噂が出ていたのですが、
そちらはデマのようですね。

おそらく、「原監督に息子がいたら
きっとすごい選手だろう!」
と期待した人たちの話から広まった噂かと思います。

青学・原監督に子供がいない理由は?

原晋監督に子供がいない理由は
明確には語られていませんが、

おそらくは夫婦間で話し合いがされ、
子供は作らずに、青学の陸上競技部の
生徒たちを自分の子供と思って接しているのではないかと思います。

原監督の怒涛の経歴からも、
そのように考えていたのではないかと感じます。

ここで、原監督の衝撃のエピソードを一つご紹介しますね。

それは、約15年間務めた中国電力を突如退職し、青学陸上部の監督に就任、
夫婦で東京の寮に住むことを決断したというエピソードです。

スポンサーリンク

「中国電力を退社し、青学陸上部監督になった。箱根駅伝では必ず優勝させるから、夫婦で東京の寮に住み込もう」

すごい決断ですよね。

もちろん、奥さんは猛反対だったそうです笑

そしてなぜこのエピソードをご紹介したかというと、お二人に子供がいない理由と関係しているのではないかと思うからです。

原夫妻は1995年に結婚していますが、
原監督が中国電力を退社して監督になる
9年間は子供がいないということになりますよね。

しかも、その後は寮に住み込んで
生徒たちの面倒を見るとなれば、

夫婦生活を充実させることは難しそうですし、
子供は作らないと決めていたように感じませんか?

原夫婦に子供がいない理由としては
以下の可能性があると思います。

  • 不妊などで子供は作らないと夫婦で決定した
  • 陸上部の生徒を本物の子供のように育てている

ご本人たちの口から語られていない以上、
繊細な話題なのでこれ以上は触れませんが
原監督の経歴を見て管理人が思ったことをまとめました。

次からは、原監督の妻、原美穂さんについて
チェックしていきましょう♪

スポンサーリンク

青学・原監督の妻(奥さん)はどんな人?

原美穂のプロフィール

原晋監督の妻(奥さん)
原美穂(読み方:はら みほ)
  • 生年月日:1967年生まれ
  • 年齢:57歳(2024年時点)
  • 出身地:広島県広島市
  • 職業:青山学院大学陸上部の寮母

原監督の妻、美穂さんは
1967年生まれの57歳です。
(2024年時点)

出身地は原監督と同じ広島県。

美穂さんは広島市、原監督は三原市の出身です。

原美穂さんは現在、
青学陸上部の寮母として生徒たちを支える存在です。

寮母さんというと食事を作ったり
掃除や洗濯を任されるイメージがありますが、

美穂さんはそれだけにとどまらず、
生徒同士が幅広く交流できるように月に一度
食卓の席替えを提案するなど、
チームワーク向上にとても貢献されています。

写真を見ても、
明るくて優しい人柄なのが伝わってきますよね♪

そんな美穂さんと原監督は
どのように出会い、結婚したのでしょうか?

スポンサーリンク

原監督と妻の出会い・馴れ初めは?

原監督と妻の美穂さんは1995年に結婚しています。

美穂さんは寮母になる前は
証券会社に勤めており、
そのころに原監督と出会い結婚しています。

出会いのエピソードが面白いので
ご紹介しますね♪

当時はバブルだったので、
イケイケな船上パーティーで
女性を口説いていたという原監督。

ある日その女性の家に電話をかけると、
違う女性が電話に出たそう。

その女性が現在の奥さん、美穂さんでした。

偶然友達の家で留守番をしていて
電話を取った
のだそう。

原監督は最初、
電話の相手が違うことに気づかず
美穂さんを口説ききますが、

美穂さんが『友達の美穂です』と名乗ると
驚いたものの、

『もうちょっと話をしようか』
『今度 映画でも行こう』

とそのまま美穂さんを口説き続けたんだそう。笑

スポンサーリンク

原監督ってかなりプレイボーイだったんですねw

私が口説いていた彼女の家で、うちの奥さんが留守番をしていたんですよ。そこに電話をしたら、今の奥さんが電話に出て、僕は彼女だと思って、一方的に口説いていて『いや、友だちの美穂です』って。『えー!』ってびっくりして。でも『もうちょっと話をしようか』ってそのまま会話を続けて、『今度、映画でも行こ』って」と、思わぬ出会いを告白した。

昭和の男性はこれくらい肉食系なのが
普通だったのでしょうか?^^

その後、実際にデートを重ね、
原監督は3ヶ月くらいで美穂さんとの結婚を意識するようになったそうです。

夢を追いがちな原監督に対し、
道徳観がしっかりしていて現実主義な美穂さんに惹かれたんだとか。

先ほどご紹介した
「原監督が電力を辞めて突然監督になると言い出したのを美穂さんが猛反対した」

というエピソードからも2人のそんな関係が垣間見えますね^^

美穂さんのようなしっかりした女性だからこそ、原監督のような熱血でグイグイ前進していく男性と波長が合うのかもしれません♪

素敵な夫婦ですね( ´艸`)

スポンサーリンク

まとめ

今回は青学・原晋監督の子供や妻についてまとめました♪

  • 原晋監督に子供はいない
  • 奥さんは寮母さん!
  • 出会いは間違い電話から、、

原監督と奥さんの出会いのエピソードが印象的でしたね。

そんな運命的な出会いをしてみたいです( ´艸`)

お二人は本当にベストパートナーですね。

今後も原監督と美穂さんの活躍を応援しています♪

コメント