【かがみの孤城】作者の死亡はデマ!追悼メッセージの真相を調査!

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2月9日に金曜ロードショーで地上波初放送されるアニメ映画『かがみの孤城』

7人の中学生が鏡の世界に引き込まれ、
協力しながら謎を解いていくストーリー。

本屋大賞を受賞された
辻村深月(つじむら・みづき)さんの
ベストセラー小説が原作です。

ストーリーは終盤に向けて
伏線回収が素晴らしく、

感動のラストを迎える良作と話題になりました。

しかしそんな『かがみの孤城』作者の
辻村深月さんには死亡説が囁かれているそう。

今回はその真相について調査してみました!

  • 『かがみの孤城』作者は死亡している?
  • 作者の死亡理由は何?

気になった方はぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【かがみの孤城】作者に死亡説が浮上、、

2022年12月23日に公開された
劇場アニメ『かがみの孤城』

映画「かがみの孤城」ポスター画像

原作は本屋大賞を受賞した作家、
辻村深月さんのベストセラー「かがみの孤城」です。

監督は「カラフル」や「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」
「河童のクゥと夏休み」などで知られる日本を代表するアニメ監督の原恵一さん。

多方面から注目を浴びたこの作品ですが、
なんと作者の辻村深月さんは死亡しているという噂が出ているんです。

管理人も「かがみの孤城」で検索すると
作者 死亡』という検索候補が出てくるのを確認しました。

かがみの孤城・作者死亡の検索候補

たしか作者の辻村さんはまだお若かったはず。

一体何が起きたのでしょうか?

この噂の真相について調査してみました。

スポンサーリンク

【かがみの孤城】作者の死亡説はデマ!

結論から申し上げますと、
『かがみの孤城』作者の辻村深月さんはご存命です。(2024年1月時点)

死亡説はデマということですね。

よかった、、

驚いたわぁ〜!

辻村深月さんは1980年生まれの43歳と
作家や小説家の世界では若い部類に入ると思います。

なので死亡の噂が出たときは
とても驚きましたが、
どうやらデマのようでよかったです。

病気や事故でもあったのかな?と思い
調べてみたのですが、

そのような情報もなく、
辻村さんは現在も元気に活動しているようです。

それではなぜ『かがみの孤城』作者の死亡説が出たのでしょうか?

次で詳しくチェックしていきましょう♪

スポンサーリンク

【かがみの孤城】作者の死亡説が出た理由は『追悼メッセージ』

『かがみの孤城』作者の辻村深月さんに
死亡説が出た理由を調べてみたところ、

”エンドロールの追悼メッセージ”
噂の発端となったことがわかりました。

上映をご覧になっていない方は、
なんのこと?と思うかもしれないので
詳しく解説していきますね。

『かがみの孤城』エンドロールで追悼メッセージが!

2023年12月23日から劇場で公開された『かがみの孤城』。

感動のラストを迎えると、
エンディングには優里さんの「メリーゴーランド」が流れます。

そしてエンドロールが流れるのですが、
そこで「中村隆」という人物に向けての
追悼メッセージが表示されました。

原恵一監督と長い付き合いのある美術監督さんで、アニメ界ではとても有名な方ではありますが、

”中村隆”という名前を知らない人からすると
誰だろう?と思ったかもしれませんね。

スポンサーリンク

中村隆とはどんな人物?

中村隆さんはアニメーション美術監督で、
「かがみの孤城」監督の原恵一さんとは古くから付き合いがありました。

かがみの孤城で追悼メッセージが送られた中村隆さん
中村隆のプロフィール
  • 生年月日:1962年生まれ
  • 出身地:神奈川県
  • 作品:「楽しいムーミン一家」「クレヨンしんちゃん シリーズ」「河童のクゥと夏休み」「カラフル」「空の青さを知る人よ」「かがみの孤城」ほか

中村隆さんはスタジオユニに入社すると、
「楽しいムーミン一家」や「クレヨンしんちゃんシリーズ」に美術監督として参加。

原恵一監督に実力を買われ、
「河童のクゥと夏休み」や「カラフル」「バースデー・ワンダーランド」で原監督と共に作品を作り上げました。

そして「かがみの孤城」でも美術監督として携わっていた中村隆さんですが、
2021年6月29日に作品の公開を待たずして逝去されました。

というわけで作品の上映時には
エンドロールで長い付き合いのあった原監督から中村さんに対して追悼のメッセージが送られたのです。

スポンサーリンク

『かがみの孤城』作者が死亡とデマが広まった!

『かがみの孤城』のエンドロールで
美術監督の中村隆さんに向けた追悼メッセージが表示されました。

アニメ業界に詳しい方は名前を見て
すぐに誰のことか分かったかもしれませんが、

そこまで詳しくない方は
誰に向けた追悼メッセージか分からなかった人もいるかもしれません。

さらに原作者の名前を知らない人が見た場合は、作者の方が亡くなったのかな?
と勘違いしてしまうこともありそうですね。

このようにエンドロールの追悼メッセージの噂が広まって「かがみの孤城」作者の死亡説が出てしまったようです。

というわけで『かがみの孤城』作者の死亡説はデマということになります。

作者の辻村深月さんは2023年6月にも
短編小説『この夏の星を見る(KADOKAWA)』を出版するなど現在も活躍されています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は劇場アニメ『かがみの孤城』作者の死亡説の真相についてまとめました♪

  • 『かがみの孤城』作者は死亡していない!
  • 噂が出た理由はエンドロールの追悼メッセージ
  • 監督と古くから現場を共にした美術監督”中村隆”さんへ向けた追悼
  • 勘違いで作者の辻村深月さんに死亡説が出た?

作者の辻村さんの死亡説がデマでよかったと思うと共に、長年日本のアニメ業界を支えてきた中村隆さんの訃報には残念な気持ちです。

特に「河童のクゥと夏休み」や「カラフル」はドンピシャ世代なので衝撃が大きいですね。

もう一度、中村さんに思いを馳せながらこれらの作品を鑑賞してみようと思います。

コメント