上白石萌歌の生い立ち!デビュー当時の写真や姉妹ショットが可愛すぎる!【アナザースカイ】

人物
スポンサーリンク

女優で歌手の上白石萌歌(かみしらいし もか)さん。

お姉さんの上白石萌音さんと共に
美人姉妹で知られています^^

今では見ない日がないほどの
人気女優さんですが、実は幼少期は
日本ではなくメキシコで暮らしていたんだそう。

驚きですね!

今回はそんな上白石萌歌さんの生い立ちを調べてみました♪

  • 上白石萌歌ってどんな人?
  • 幼少期のエピソードや芸能デビューのきっかけは?
  • 家族はどんな人?

気になった方はぜひ最後までご覧ください♪

スポンサーリンク

上白石萌歌のプロフィール

上白石萌歌(読み方:かみしらいし もか)
  • 別名義:adieu(アデュー)
  • 生年月日:2000年2月28日
  • 年齢:24歳(2024年時点)
  • 出身地・鹿児島県鹿児島市
  • 血液型:A型
  • 身長:163cm
  • 事務所:東宝芸能
  • 職業:女優、歌手

清純な感じで透明感があって、
とても可愛いですよね!

誰もが憧れる美少女な顔立ちだと思います。

今回はそんな上白石萌歌さんの生い立ちや経歴をチェックしていきましょう♪

スポンサーリンク

上白石萌歌の生い立ち①メキシコ生活

生まれは鹿児島県の上白石さんですが、
小学校1年生から3年生までをメキシコで過ごしました。

なんと上白石さんは帰国子女だったんですね!

お父さんの仕事でメキシコに転勤があったため、それについて行ったそうです。

メキシコは街中が音楽で溢れている国なので
萌歌さんにとって第二の故郷であるとともに
芸能活動や音楽活動に大きな影響を与えた場所でもあると思います。

上白石さんは2023年の6月に
東京国立博物館で行われた
メキシコの特別展でガイドナビゲーターを担当しました。

そこでは流暢なスペイン語を披露していたんだとか。

上白石さんがメキシコに在住していた期間は
たったの3年間なのですが、
そんなにスペイン語がペラペラなんて凄いですよね!

上白石さんは、ご両親にメキシコの遺跡に
何度も連れて行ってもらったそうで、
メキシコの思い出として1番色濃く残っているのはピラミッドなんだそう。

メキシコには有名な遺跡がたくさんあるんですね。

スポンサーリンク

そして、2月放送のアナザースカイで
メキシコに里帰りを果たした上白石さん。

ずっとメキシコに帰りたいと願っていたそうなので、夢が叶ったんですね。

自身のInstagramにもメキシコ訪れた喜びと
幼少期の頃の写真をアップしていました。

その写真がこちら。

いや、可愛すぎます!!天使👼

この頃からお顔が完成されていますね。

こんなに可愛い子がクラスにいたでしょうか?

絶対モテモテだったに違いありませんね!(*´∀`)

上白石萌歌さんと言えばその美しさはもちろん、演技力や歌唱力の高さも評価されています。

まさに才色兼備を体現したような人。

芸能界デビューのいきさつについても気になりますね。

スポンサーリンク

上白石萌歌の生い立ち②芸能デビューのきっかけは?

最年少で『東宝シンデレラ』グランプリ受賞!

調べてみたところ、
上白石萌歌さんは2011年小学5年生の時に
芸能デビュー
していたことがわかりました。

そのきっかけとなったのが
「第7回東宝シンデレラオーディション」の
グランプリ
に選ばれたことです。

もともとは姉の上白石萌音さんが
上記のオーディションを受けていたのですが、

募集要項で10歳から応募が可能となっていたことから、萌歌さんもオーディションを受けてみることにしたんだそう。

その結果、なんと史上最年少の10歳で
約40,000人の中からグランプリに選ばれました!

そのときの画像がこちら!

シンデレラオーディションでグランプリを受賞した上白石萌歌さん

これは紛うことなきシンレデラですね
可愛すぎて言葉を失ってしまいます😫♡

ちなみにその時お姉さんの萌音さんは
審査員特別賞を受賞されています。

姉妹揃ってすごいですよね!

スポンサーリンク

芸能活動をスタート

そこからMomokaさんとモネさんは、
東方芸能に所属してファッション雑誌
「ピチレモン」の専門モデルとして芸能活動スタートしました。

岡さんが実際に女優デビューを果たしたのは、2012年2月のドラマ「分身」です。

主演の長澤まさみさんの幼少期を演じました。

その後2016年にはミュージカル「赤毛のアン」で、史上最年少で主人公のアンシャーリー役に抜擢。

同年にキリンビバレッジ「午後の紅茶」の
テレビCMに起用された萌歌さんは、
Charaの名曲「やさしい気持ち」を歌って注目を集めました。

2018年には「羊と鋼の森」では
お姉さんの骨さんと映画で初共演を果たし、
第42回「日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞されています。

姉の上白石萌音さんとピアノを連弾するシーンが本当に美しいです。

スポンサーリンク

『義母娘』で一躍有名に!

同じく2018年に放送されたドラマ
「義母と娘のブルース」では、
主人公の娘役を演じてとても話題になりましたね。

義母と娘のブルースで綾瀬はるかと共演した上白石萌歌

このドラマで上白石萌歌さんを知った人も
多かったのではないでしょうか。

一気に知名度が上がった萌香さんは
2019年大河ドラマ「韋駄天東京オリンピック話」で大河ドラマ初出演

2022年、放送の連続テレビ小説
「チムドンドン」では、ヒロインの妹役を演じました。

正直、上白石姉妹と言うとお姉さんの萌音さんの印象のが強かったのですが、

こうして経歴を見ていくと、
妹の萌歌さんも素晴らしい活躍をされていることがわかりました。

姉妹揃って本当にすごいですね!

2人ともインタビューの受け答えなども
しっかりしていて好感度が高い女優さんですよね。

どんな両親に育てられたら
あんなにちゃんとした人になれるのでしょうか?

次は上白石萌香さんの家族についてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

上白石萌歌の生い立ち③家族について

母親・父親について

上白石萌歌さんのご両親について調べたところ、父親も母親も学校の先生をしていたことがわかりました。

お父さんは今でも中学校の先生をしているんだそうです。

お母さんは音楽の先生でしたが
姉の萌音さんを出産した後に先生を辞め、
現在ではピアノ教室を開いているんだそうです。

2人とも学校の先生と言うことで、
しつけには厳しかったと語られています。

萌歌さんとお父さんとの関係は良好で、
迷ったときや悩んだ時は 父親と2人で出かけてアドバイスをもらうそうです。

お父さんと仲が良いなんて羨ましいですね^^

ちなみにお父さんは今年還暦を迎えられるそうで、メキシコ旅行もお父さんの還暦祝いだそうですよ。

本当に家族仲が良いことが伺えます^^

お母さんはお父さんの1個年下ということで、
今年59歳くらいですね。

元音楽教しで今はピアノの先生ということで、
萌歌さんが歌が上手なのも頷けます。

萌歌さんがピアノを主題とした映画
「羊と鋼の森」に出演された際も、
お母さんがピアノの指導してくれたそうです。

そんなお母さんも教育者として
かなり厳しかったようですが、萌歌さん曰く
お母さんの厳しさは「愛情のある厳しさ」だと表現しています。

昔オーディションに持ち続けていた時は、
よくお母様に励まされていた
のだとか。

萌歌さんを応援しているからこその厳しさだったのですね。

今でも家族旅行で思い出の地である
メキシコに行くくらいなので、萌歌さんは
とても家族を大事にしていることがわかります。

スポンサーリンク

姉・上白石萌音

皆さんもご存知だと思いますが、
上白石萌歌さんの姉は女優の上白石萌音さんです。

上白石萌音(読み方:かみしらいし もね)
  • 生年月日:1998年1月27日
  • 年齢:26歳(2024年時点)
  • 出身地:鹿児島県串木野市(現:いちき串木野市)
  • 血液型:AB型
  • 身長:152cm
  • 職業:タレント、歌手

萌歌さんと萌音さんは2歳ちがいの姉妹です。

とてもそっくりですよね〜!

萌音さんは佐藤健さんと共演したドラマ
「恋はつづくよどこまでも」で演技が話題になりました♪

スポンサーリンク

そんな萌音さんと萌歌さんの
幼少期の姉妹ショットを発見しました。

天使だ、、、

こんなに可愛い姉妹がいたら誘拐でもされないかご両親は気が気じゃなかったのではないでしょうか^^; 笑

お人形さんみたいで本当に可愛いです♡

今では2人とも国民的女優として活躍しているのですからすごいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は女優・上白石萌歌さんの生い立ちをまとめました♪

  • 上白石萌歌はメキシコ育ち
  • 幼少期の写真が可愛すぎる!
  • 両親は教員で躾が厳しかったがとても仲良しな家族
  • 姉・上白石萌音とのツーショットが可愛い!

今回記事を書いていて、
上白石姉妹の美しさを改めて実感しました。

見た目の美しさだけでなく、
聡明さや内面の美しさも感じるのは

両親の教育や幼少期を海外で過ごして
たくさん刺激を受けて育ったからかもしれませんね^^

今後の活躍も楽しみにしています♪

コメント